事例 法定後見 

裁判所から後見人、保佐人、補助人に選任された事例は数多あります。

全てを紹介することはとてもできません。

ここではその中のごく一部で私が特に記憶に残っているものをご紹介させて頂きます。

尚、ご本人を特定できないよういくつかの事例を組み合わせて編集する場合もありますことをご了解ください。

 

Aさん(88歳 女性)

市長申立てによる家庭裁判所からの選任で成年後見人になった。

特別擁護老人施設に入居されており、半分寝たきりで意識はまどろみ、意味のある会話は不可能であったが、かろうじて挨拶すると少し笑顔が見られた。

Aさんを施設に入居させたのは、認知症の進んだAさんを見かねた近所に住む民生委員の方で、入居の際には大変ご苦労されたそうだ。

Aさんには、自宅のほかに5,000万円を超える金融資産があり、後見人就任後口座名義の変更を行った。

Aさんのもとには、毎月第3土曜日の午前中に訪問することを定例化し、それ以外にも用事があれば随時訪問することにした。

最初の3ヶ月間は週一のペースで訪問していた。

 

Aさんは早くからご両親と死別し、結婚もせず殆ど独りで生きてきたらしい。
40年近く看護婦として幾つかの病院で勤務し、晩年は唯一の肉親である姉と同居して面倒を見てきたようである。

そのお姉さんは数年前に亡くなられていた為、私が唯一の相続人であるAさんに代わって相続手続きをした。

Aさんが居住されていた家は、主を失ってかなり痛んでおり、ごみが散乱していた。

そこでAさんが自宅に戻る可能性は完全に無くなったことを理由に自宅を売却することにした。

今回のように被後見人の自宅を売却するには、家庭裁判所の許可が必要である。

売買契約後約1週間で許可がおり、無事自宅を売却できた。


Aさんは女性としては大柄で骨格がしっかりしており、病気らしい病気もせずに暮らしてこられた。

しかし、何せ高齢であることもあり、私が後見人であった2年9ヶ月の間に3度入院された。

そして3度目の入院でついに帰らぬ人となった。

 

身寄りのないAさんであったため、私が事実上喪主を務めることになった。

葬儀社との打ち合わせ、火葬埋葬、菩提寺への納骨、役所関係への届け出等を全て一人で行った。

成年後見人の代理権に基づく権利義務は、被後見人の死亡を以て終了するのが原則である。しかし今回のような場合、これを超えてしまっても仕方あるまい。

 

Aさんは、私が初めて就任した被後見人として今も記憶に残っている。

 

以下にその軌跡を綴ってみることにする。

 

後見人日々の業務

後見人になったのを機会に、私は近くの銀行の貸金庫を借りることにした。
それまでは、銀行の貸金庫とは縁が無かった。
今まで自身の財産の管理については無頓着であったし、そもそも貸金庫を借りる程の財産もなかったというのが本当のところだった。

やはり、通帳が数冊、しかも何れにもかなりの残高があるとなれば話は別である。
しかも、人様の財産であれば尚更である。
自分自身の所有物も入れることを前提に私自身の名義で契約することにした。

銀行での手続きについて少し話せば、私が後見を開始した当時は、金融機関の窓口でもこういった手続きに慣れておらず、何かにつけて時間がかかった記憶がある。
又、例えば通帳の名義ひとつをとっても金融機関によって扱いがマチマチであった。

私は基本的には本人名に続けて後見人である私の名義を入れてもらうようにしていた。
最終的には全ての金融機関で実現できたが、すんなり手続きをしてくれた所もあれば、色々手間がかかったところもある。
キャッシュカードの発行についても然りである。
要は、経験値と現場の裁量権の違いであると思った。
一々本部に確認を取っていたら、それは時間がかかることだろう。

私も始めての経験だったこともあり最初は時間とエネルギーが要ったが、いったん形が出来れば、以後は別段苦労もなく最後までこなすことができた。

被後見人のAさんのもとには、毎月第3土曜日の午前中に訪問することを定例化し、それ以外にも用事があれば随時訪問することにした。

今記録を見ると、最初の3ヶ月間は週一のペースで訪問していたことが分かる。




被後見人の相続手続

Aさんの後見手続きで特筆すべき点の一つとして、Aさんの姉の相続手続きをしたことが挙げられる。
お姉さんは数年前に亡くなられていたが、相続手続きは未了であった。
Aさんとお姉さんは長年2人暮らしで他に身寄りはなく、法定相続人もAさんお一人だった。

私は、後見人の立場で相続手続きを行うべく必要な戸籍謄本等を取り揃えていった。
遺産は預貯金だけだったので、必要書類が揃った段階で口座のある金融機関所定の相続届用紙に必要事項を記入し提出した。
こうして相続手続きは1ヶ月程で終了した。

相続手続きを進めていくことと並行して、Aさんが居住されていた家を何度か訪れた。
私が訪れたとき、主を失った家はかなり痛んでおり、ごみが散乱していた。

何でもAさんを施設に入居させたのは、近所に住む民生委員の方だそうで、大変ご苦労されたそうだ。
民生意員さんのお話によると当時のAさん宅には猫が数匹おり、屋内で排尿するため悪臭に耐えられない状態であったそうである。
又食べもの食器やお金がそこら中に散乱しており、紙幣は猫のおしっこで変色し、畳に張り付いていたそうである。
このようなとても生活と呼べる状態でなかったため、緊急措置として施設に入居させたそうである。

私は、後日連絡を取りこの民生委員さんとお会いし、Aさんについての詳しいお話を聞くことになる。


宗派と菩提寺

民生委員さんからAさんについてのお話を聞く中でAさんの孤独な人生が浮かび上がってきた。
尤も孤独かどうかは私などが判断することではないのだが。

Aさんは早くからご両親と死別し、結婚もせず殆ど独りで生きてきたらしい。
40年近く看護婦として幾つかの病院で勤務し、晩年は唯一の肉親である姉と同居して面倒を見てきたようである。
その姉とも死別し、以後は本当に独りの人生であったようだ。
近所づきあいも全くといってしなかったそうである。

生活の糧となる年金は独り暮らしには十分過ぎるくらい受給できたし、在職中も無駄遣いをしなかったようで、結果的に相当な預貯金が残った。

私がAさんのことでこの外、特に気になった点として、Aさんの宗派と菩提寺がどこかという点であげられる。
身内がいない以上、Aさんが他界された以後の処置は私が行うことが予想されたからである。
この点については、民生委員の方もご存知ではなかった。
認知症の進んだAさんに聞くこともできない。

この点は、後日Aさん宅の片付け、整理を行った際、ひょんなことから手掛かりがつかめ解決できたので良かったのではあるが。

Aさんは女性としては大柄で骨格がしっかりしており、病気らしい病気もせずに暮らしてこられた。
しかし、何せ高齢であることもあり、私が後見人であった2年9ヶ月の間に3度入院された。
入院されたときは、3度とも本当に心配であった。
初経験のことばかりであったし、やはり最悪のことを予想したからである。

被後見人の入院

Aさんが入院したのは、私が後見人をしている間、3回に渡った。
最初の入院は、後見人就任後10ヶ月経った頃、Aさんがインフルエンザにかかった時だ。
突然、施設の担当相談員の方から電話が入り、高熱を発し緊急入院をしたと連絡をもらった。

すぐ入院先の病院に駆けつけたが、その日は面会謝絶で会えなかった。
主治医も決まっていなかったので、詳しい状況は把握できなかった。
ナースステーションに連絡先として私の名刺を置いて帰った。
3日後、症状が落ち着いたと病院から電話があり、その日の夕方訪院した。
主治医の先生の話では、もう心配ないので、退院予定日は3日後だと告げられた。
当日は施設の方が迎えに来てくれてAさんは無事退院された。

ところが、退院の2日後、Aさんが再び発熱した。
今度は前回よりは熱が低かったが安全を期して別の病院に緊急入院された。
この2回目の入院が思いのほか長くなり、結局1ヶ月に及んでしまった。
入院中、何度か見舞いに行ったが、Aさんは一日中ベッドに寝ているため、食欲もなく、随分痩せてしまった。
主治医が特に決まっているわけでははく、治療方針、治癒の見込みもあまり明確ではない印象を受けた。
正直、このまま退院できずに終わってしまうのではないかと心配であった。

しかし、どうにか退院に漕ぎ着けた。
施設では毎日車イスで移動したり、皆で歌を歌ったりしたことがAさんには程よいリハビリになっていたのだとあらためて感じた。
退院後のAさんは、完全に寝たきりになり、食欲も無くなり、一気に老け込んでしまった。






自宅の売却

退院後のAさんは、すっかり体力が衰えて、以前は時折聞かせてくれた鼻歌も歌わなくなってしまった。
それでも、Aさんの女学校時代の写真を見せると「にこっ」とされた。
やはり自分は認識できるようである。
しかしそれ以外は表情も乏しく、目に見えて弱られた。

Aさんの入院中に自宅を訪問し、そうじと片付けをした。
その際にアルバムが出てきたので、写りの良い写真をピックアップしてAさんに渡したのである。

Aさんの自宅は主を失い荒れるに任せていた。
Aさんが自宅に戻る可能性は完全に無くなったので、自宅を売却することにした。

今回のように被後見人の自宅を売却するには、家庭裁判所の許可が必要である。
手順としては、不動産屋さんに売却の依頼をし、買手を見つけてもらった。
そして売買契約書を添付して、家庭裁判所に居住用不動産の売却許可決定の申立てをした。
この場合、不当に廉価であるなど余程の事が無い限り、許可が下りるようである。

私の場合も、2週間足らずで許可決定を頂いた。
売買契約には、特約事項として家庭裁判所の許可が下りない場合は、白紙解約する旨を入れていたが、
無事条件クリアである。

こうして許可から約1ヶ月後の年の瀬も押し迫った暮、自宅の売却がが無事完了した。

葬儀を執り仕切る

その後Aさんは、徐々に体力が衰え、インフルエンザに罹患したのをきっかけに息を引きとってしまった。

亡くなられるまでに入退院を繰り返されたのだが、その過程はここでは割愛させていただく。

10時にAさんの入所施設に到着。
簡単な打ち合わせの後、相談員のOさんと葬儀社に赴き、葬儀の打ち合わせを行った。
葬儀費用は約100万円、明日通夜、明後日13時より告別式と決まった。

成年後見人としては、どの程度の規模の葬儀を行えば良いのか迷うこともあると思う。
この点家庭裁判所に相談しても「世間相場で」と答にならない回答である。
要は、明確な基準といったものはなく、世間一般常識の範囲内で行えばよいということである。

又、本来なら後見人が葬儀を行う権利及び義務があるのか疑問ではあるが、他にこれを行うものがいない以上、後見人が行う必要がある場合もある。
民法上の事務管理の理論が適用される場面である。
この点、念のため家庭裁判所に確認したところ「よろしくお願いします」とのことだった。
私は取りあえず、当座の資金として少し多めに被後見人名義の口座からお金を引き出し、今後の出費に備えた。

そして通夜、告別式を無事に終え、大阪市内のU霊園の火葬場へ行った。
火葬に付されたお骨は骨壷に収められ、菩提寺に安置された。

あっという間の3日間であった。
ほっとしたら一気に疲れが出た。

 

▲このページのトップに戻る